フットサルの全国リーグ・Fリーグは25日、第26節をテバオーシャンアリーナなどで行い、浜松は名古屋に0―4で敗れた。

 浜松は前半、名古屋の攻撃力を警戒して守備重視の立ち上がり。しかし、12分、自陣の低い位置でボールを奪われて先制を許した。その後は名古屋に猛攻を受け、前半だけで23本のシュートを浴びたが、体を張ったブロックなどでしのいだ。

 後半に入っても名古屋の勢いは衰えず、浜松は12分に左サイドのコーナーキックから失点。14分からはパワープレーで得点を狙ったが、終了間際に連続でカウンターを受け、2失点を喫した。

 名古屋(57) 4(1―0 3―0)0 浜松(16) ▽得点者【名】セルジ...    
<記事全文を読む>