ボクシングの第68回全日本社会人選手権最終日は25日、愛媛県の多々羅しまなみドームで決勝が行われ、バンタム級の東江勇太(24)=首里東高-平成国際大出、矢代フィットネスク)が内村雄平(愛知・享栄高教)を判定3-0で破り、初優勝した。

 ライトヘビー級のジョンソン・ジュリアン(23)=沖水高教=は、福田章央(北海道・旭川工高教)を1回2分28秒TKOし、初の頂点に立った。あわせて読みたい

...    
<記事全文を読む>