25日午前9時35分ごろ、富良野市の新富良野プリンスホテルに隣接する「富良野スキー場」で、コースにクマが出たと従業員から富良野署に通報があり、午後0時50分ごろ、コース外の山林で猟友会がクマを駆除した。けが人はいなかった。

 同署などによると、スキーをしていた男性がコースを横断するクマを目撃した。現場にあった足跡をたどり、猟友会員が見つけて駆除したクマは体長約1・1メートルの雄で、2歳くらいという。

 富良野スキー場は雪が降っていたものの、午前10時の時点で約1200人が訪れ、にぎわっていた。クマの目撃により、23本あるコースの約3分の1が閉鎖された。

...    
<記事全文を読む>