10月にオーストリアで開催された世界空手道選手権で個人形2連覇した喜友名諒選手(26)と、団体形で優勝した喜友名、金城新(25)、上村拓也(24)の3選手の祝賀会が25日午後、那覇市のパシフィックホテル沖縄で開かれた。県空手道連盟が主催。2冠を果たした喜友名選手は「応援してくれた多くの人のおかげだ」と謝意を示し「空手発祥の地の沖縄から出場していることを誇りに、オリンピックで金メダルを取れるよう、今後も精進したい」と力強く語った。

 祝賀会には県内空手界の各流派の代表、県、経済界の関係者らが出席した。県空手道連盟の照屋幸栄会長は「3選手がオリンピックに向けて頑張っていることを誇りに思う。今...    
<記事全文を読む>