二〇一九年に日本で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)で、厚木市は大会期間中(九月二十~十一月二日)の公認キャンプ地の候補地に名乗りを上げた。市によると、キャンプを実施する国を選ぶことはできない。だが、W杯二連覇中でチーム愛称「オールブラックス」で知られるニュージーランド(NZ)が来てくれたら-と、関係者は期待を膨らませている。

 ラグビーW杯は全国各地で開催されるため、大会の組織委員会が、参加チームの意向や試合開催地などを踏まえてキャンプ地をマッチングする。候補地は来年夏ごろに認定され、同年秋にチームの視察が始まる。

 同市は二〇年東京五輪でNZの「ホストタウン」に決まり、同国との交...    
<記事全文を読む>