◇トップリーグ トップリーグ第13節第1日は24日、静岡・ヤマハスタジアムなどで7試合が行われ、サントリーがヤマハ発動機との全勝対決を41-24で制し、唯一の開幕13連勝で首位に立った。勝ち点は60で、ヤマハ発動機は12勝1敗の同57で2位に後退した。両チームとも残りは2試合で、次節でサントリーの優勝が決まる可能性がある。

 3位のパナソニックはサニックスに55-14で快勝し、2敗(11勝)を守った。NTTコミュニケーションズはホンダを40-3で下し、東芝はトヨタ自動車に32-31で競り勝った。リコーは豊田自動織機に41-14、キヤノンはクボタに27-15、NECはコカ・コーラに27-3...    
<記事全文を読む>