ラグビー・トップリーグ(TL)第13節最終日の25日、現在9勝3敗で4位の神戸製鋼は、2勝10敗で14位の近鉄と大阪市のキンチョウスタジアムで対戦する。キックオフは午後2時。前節ヤマハ発動機に敗れて優勝の可能性は消えたが、残り3戦で日本選手権出場権を得られる3位以内に食い込みたい。

 残留争いを強いられている近鉄は「危機感を持って向かってくる」とマッケイ・ヘッドコーチ。その圧力を受けると相手のペースになるだけに、序盤の攻防が鍵となる。

 23日に出場メンバーが発表され、WTBで奮闘してきた山下楽がFBで初先発する。前節課題だった相手キックの処理やカウンターに加え、現在12本でTL2位のトラ...    
<記事全文を読む>