社会人ラグビーのトップイーストリーグ・ディビジョン1(10チーム)の秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)は今季、攻撃力が大幅にアップした。3勝6敗で、昨季と同じ7位だったが、2006年のディビジョン1加入以来、初めて東京ガス(東京)から白星を挙げるなど、見どころの多いシーズンとなった。

 第5節までは反則からリズムを崩す試合が多く、敗れた4試合全てで10以上の反則を犯し、相手に得点チャンスを与えた。ディフェンスでもタックルが甘く、相手選手に追い付いていながらトライを許す場面が見られた。

...    
<記事全文を読む>