【東京で我喜屋あかね】プロボクサーの登竜門、第63回全日本新人王決勝戦が23日、東京・後楽園ホールで行われ、スーパーライト級の吉開右京(19)=美里高出、島袋=が大野俊人(石川ジム立川)に3回2分21秒TKO勝ちし、新人王に輝いた。吉開はMVPを受賞した。

 ライト級で南部農林高3年の小田翔夢(18)=琉球=は石井龍輝(船橋ドラゴン)を4回38秒TKOで退けた。バンタム級では宜野湾市出身の新島聖人(20)=帝拳=が城後響(井岡)を4回2分5秒TKOし、県勢3人が新人王を獲得する快挙となった。

...    
<記事全文を読む>