リオデジャネイロ・パラリンピック競泳男子で四つのメダルを獲得した木村敬一選手(26)=栗東市出身=の祝賀会が二十三日、草津市内のホテルであった。木村選手は「地球の裏側にいるみなさんの応援が力になった」と感謝した。

 木村選手は、壇上に飾られた四つのメダルについて「多くの人に触ってもらい傷だらけになった」と笑いを誘った。帰国後は国内での反響に驚いたといい「街で声を掛けられる回数が増えた。東京パラリンピックへ向け、障害者スポーツをさまざまな形で盛り上げていきたい」と話した。

 発起人代表で、木村選手の後援会長兼市水泳連盟会長の川口浩さんが「一緒に喜び合おう」とあいさつ。野村昌弘市長は、大会期間...    
<記事全文を読む>