男子日本代表が23日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を行い、総合格闘家の青木真也から寝技の実技指導を受けた。

 柔道経験者でもある青木の熱のこもった指導の下、約2時間にわたって十字固めや肩固め、相手の頭を抱え込むギロチンチョークなどを実践。ルール上、そのまま柔道では使えない技もあったが、効果的な決め方や相手の動きの制し方を熱心に学んだ。

 日本男子はリオデジャネイロ五輪前からサンボや柔術など異種格闘技を練習に取り入れており、井上康生監督は「柔道の枠だけでは目線が広がらない。いろいろな知識から新たな発想が生まれる」と意義を説明する。

 リオ五輪の男子90キロ級で金メダル...    
<記事全文を読む>