全日本選手権最終日は23日、東京・代々木第二体育館で男女計7階級が行われ、女子58キロ級はリオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(至学館大)が決勝で浜田千穂(キッコーマン)を3-0で退け、昨年の60キロ級に続いて2年連続の日本一を成し遂げた。

 女子69キロ級はリオ五輪金メダルの土性沙羅(至学館大)が圧勝し、旧67キロ級からの6連覇を達成。同53キロ級は19歳の向田真優(至学館大)が初優勝した。

 男子フリースタイル61キロ級はリオ五輪57キロ級銀メダルの樋口黎(日体大)が制し、同74キロ級の高谷惣亮(ALSOK)は6連覇を果たした。

 男子グレコローマンスタイル59キロ級は21...    
<記事全文を読む>