横浜高出身で自転車ロードレースの石上優大(19)=エカーズ=が2017年シーズンからフランスの名門クラブに研修派遣されることが22日までに、決まった。派遣先は「アミカル・ヴェロクラブ・エクス=アン=プロヴァンス」(AVCエクス)。所属先によると、AVCエクスは1925年に創立され、現役のプロ選手25人以上を輩出しているという。

 契約は1年間で、石上は「伝統あるAVCエクスの一員として走ることはプレッシャーでもあるが、同時に楽しみでもある。レベルの高い環境の中でも自分の力をアピールし、存在感を見せつけたい」とコメント。来季の目標としてフランスでのアマチュア最高峰大会、エリートナショナル優...    
<記事全文を読む>