京都府亀岡市議会12月定例会は22日、24億8600万円を増額する本年度一般会計補正予算案や、この日追加で議員提案した市議会基本条例改正案など38議案を可決、閉会した。京都府の球技専用スタジアム関連の請願は不採択とした。

 同改正案は、特定の市政課題について会派を超えて調査する政策研究会の結成を可能とするもの。

 スタジアム関連の請願は、市の事業用地買収に関して議会で積極的に調査し、議論の内容を市民に広く伝えることを求めた。議長と欠席した3人を除き、賛成7人、反対13人で不採択とした。討論では「請願は十分な市民説明をとの申し出だが、その度合いなどいろいろな疑問点がある」などと反対する意見が...    
<記事全文を読む>