レスリングの全日本選手権第2日は22日、東京・代々木第二体育館で男女計8階級が行われた。男子はグレコローマンスタイル85キロ級の塩川貫太(日体大・北佐久農高出)が決勝で松本篤史(ALSOK)に1―4で敗れて初優勝を逃した。

 男子フリースタイル57キロ級の小柳和也(山梨学院大・芦原中―山梨・韮崎工高出)は準決勝で、初優勝した高橋侑希(ALSOK)にテクニカルフォール負けし、3位だった。

 同125キロ級の山本泰輝(拓大)、グレコローマンスタイル75キロ級の屋比久翔平(日体大)がともに2連覇。フリースタイル65キロ級は鴨居正和(自衛隊)、グレコローマンスタイル98キロ級は奈良勇太(日体大)が...    
<記事全文を読む>