世界選手権(来年3~4月・ヘルシンキ)などの代表選考会を兼ねた全日本選手権は22日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕し、アイスダンスのショートダンス(SD)は村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が62・04点で首位発進した。

 ペアのショートプログラム(SP)は須藤澄玲(神奈川FSC)フランシス・ブドローオデ(カナダ)組が56・96点でトップに立った。高橋成美、柴田嶺組(木下ク)は43・25点で4位と出遅れた。

 男子SPは23日、女子SPは24日に行われる。

 ◇  全日本選手権の公式練習が22日始まり、2010年バンクーバー冬季五輪女子銀メダリストで今季精彩を欠く浅田真央(中京...    
<記事全文を読む>