レスリングの全日本選手権第1日は21日、東京・代々木第二体育館で男女計9階級が行われ、男子グレコローマン66キロ級は5月の全日本選抜選手権を制した高橋昭五(日体大、育英高出)が初の頂点に立った。同130キロ級は園田新(拓大)が全3試合でフォール勝ちとテクニカルフォール勝ちと圧勝し、3連覇を達成した。

 女子63キロ級は伊藤彩香(東新住建)が決勝で源平彩南(至学館大)に競り勝って2連覇した。同55キロ級は17歳の南條早映(東京・安部学院高、宝塚市出身)が初優勝を飾った。

 男子フリースタイルは86キロ級の松坂誠応(日体大)、97キロ級の赤熊猶弥(自衛隊)がそれぞれ初優勝した。

 今大会は来夏の...    
<記事全文を読む>