和歌山県の田辺市と周辺5町、県でつくる団体が19日、東京都でスポーツ合宿の誘致説明会を開いた。首都圏の旅行会社など30社、約50人を招き、自治体の枠を超えて6市町の合宿地をPR。紀南での合宿や大会開催について活発に商談を進めた。

 「南紀エリアスポーツ合宿誘致推進協議会」(会長=谷貞見・田辺市教育委員会スポーツ振興課長)主催。東京都千代田区永田町の全国町村会館に会場を設け、協議会として初めて自治体の合同イベントを開いた。田辺市、みなべ町、上富田町、白浜町、すさみ町と県のほか、2017年度から協議会に加わる串本町が参加した。

 各自治体は、田辺スポーツパーク(田辺市)や上富田スポーツセンター...    
<記事全文を読む>