クレー射撃の全日本選手権スキート(10月、神奈川)で、群馬県片品村の丸山和成が3度目の挑戦で初の頂点に輝いた。18歳で銃の「所持許可」を取得してから9年。日本クレー射撃協会の強化指定選手でもある27歳が、高い集中力で快挙を達成した。

 まるやま・かずなり 1989年8月生まれ。片品中―利根商高。160センチ、52キロ。

 《スキートとは》半円状に配置された8カ所の「射台」を回り、左右2カ所の放出機から秒速22~30メートルで飛び出す直径11センチほどの標的の皿(クレー)を狙う。掛け声を掛けてから0~3秒の間に、クレーがランダムに発射される。

...    
<記事全文を読む>