岩手県釜石市が会場の一つとなっている2019年9月のラグビーワールドカップ(W杯)開幕まで1000日となるのを前に、岩手県は20日、県庁前広場に開会式までの日数を示すカウントボードを設置した。

 ボードは縦2.5メートル、横1.8メートルで、いわて国体開幕までに使った物を一新した。W杯開会式は19年9月20日で、今月24日が1000日前となる。ボードは26日に点灯され、「998日」からカウントダウンが始まる。

 「ラグビーW杯をオール岩手で成功させよう」と記された縦1.3メートル、横20.2メートルの横断幕も県庁の4、5階に掲げた。議会棟前の電光掲示塔には全国12カ所の開催都市を盛り込んだ...    
<記事全文を読む>