バドミントンのスーパーシリーズ・ファイナル女子ダブルスで準優勝したリオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、藍住町出身の松友美佐紀組(日本ユニシス)が19日、アラブ首長国連邦のドバイから成田空港に帰国した。

 決勝で中国の若手ペアに屈して、2年ぶりの大会制覇を逃した。松友は「久しぶりの完敗だったが、まだまだ強くなれるということ。圧倒的な存在になれるように2人で頑張っていきたい」と話し、来年への決意を示した。

 高橋礼はリオで優勝した後、明確な目標設定ができないままファイナルに臨んだと振り返る。スーパーシリーズでは年間12大会中4度優勝しており、「一年を通していい結果が出た。悔しさよりも、やり...    
<記事全文を読む>