全日本柔道連盟は19日、来夏の世界選手権(ブダペスト)代表選考の一つである欧州遠征メンバーを発表し、グランドスラム・パリ大会(2月11、12日)にはリオデジャネイロ五輪男子90キロ級金メダルのベイカー茉秋(東海大)を選んだ。五輪後初の実戦となる。

 青森県勢では、女子70キロ級で前田奈恵子(五所一中-埼玉栄出、JR東日本)が欧州オープン(2月18、19日・オーベルバルト=オーストリア)の代表に選ばれた。

...    
<記事全文を読む>