【読谷】2020年の東京五輪大会に向けた女子7人制ラグビー(セブンズ)の国際大会が来年2月18、19日に読谷村の残波岬ボールパークで開催される。同競技の県内での国際大会は初めて。強化試合の一環として、国内のラグビー女性アスリートのレベルアップを狙う。

 村は日本ラグビーフットボール協会などと準備を進めている。21日に協会の役員らが来県し、県庁で大会詳細について記者発表する。

 大会には日本から2チームが出場するほか、リオ五輪1位のオーストラリアや同5位のアメリカ、6位のフランス、オランダなど海外の強豪国が参加する。

 読谷村の関係者からは「国際試合を沖縄で開催できてうれしい。外国からのアスリ...    
<記事全文を読む>