青森県弘前市の聖愛高校3年の須藤志歩(17)が、ソフトボールのU-19(19歳以下)女子日本代表メンバーに選出され、19日、市役所に代表入りを報告した。関係者によると、青森県からU-19代表が選出されるのは初めて。須藤は、来年7月、米国で開かれる世界ジュニア選手権に向け「4番を打って、大会で名前を残したい」と闘志を燃やしている。

...    
<記事全文を読む>