自転車ロードレースの那須ブラーゼンは19日、2017年シーズンのチーム体制を発表した。シエルヴォ奈良から岸崇仁(きしたかひと)(22)、大卒ルーキーの柴田雅之(しばたまさゆき)(22)の2選手が新たに加入。既に4選手の退団が決まっており、来季は6人体制でスタートする。

 岸は嘉悦大卒。脚質はオールラウンダー。16年のJプロツアー(JPT)第20戦「南魚沼ロード」で9位に入った。岸は「長所である積極性を前面に出してチームに貢献したい」とコメント。ルーラーの柴田は龍谷大を来春卒業予定。「レースの終盤までエースを助けられる選手になれるよう頑張りたい」とした。

 エース吉岡直哉(よしおかなおや)を...    
<記事全文を読む>