日本ソフトボール協会は12月19日までに、2~4日に高知市の春野運動公園で選考会を実施した男子日本代表候補23選手を発表。高知パシフィックウエーブ(PW)から高橋速水投手、片岡大洋捕手、古敷谷亮内野手の3人が選ばれるなど、高知県関係8選手が候補入りした。

 高知PW以外の高知県関係では、岡崎建斗(大阪桃次郎=明徳義塾高出)と山脇佑也(デンソー=高知工高出)の両投手と、沢田優生内野手(大阪桃次郎=岡豊高出)、西山幸助(平林金属=幡多農高出)と森田裕介(豊田自動織機=須崎工高出)の両外野手が入った。

...    
<記事全文を読む>