世界ボクシング協会(WBA)スーパーフェザー級前王者で春日部市出身、花咲徳栄高出の内山高志(ワタナベ)が18日、東京都内の所属ジムで、現スーパー王者のジェスレル・コラレス(パナマ)に挑戦する世界戦(31日・大田区総合体育館)に向けた練習を公開した。

 ベルトを奪われた相手に対して再起を懸ける37歳は「前回の借りを返すときがいよいよ近づいてきた」と王座奪還へ強い意気込みを見せた。

 相手をつけたスパーリングは行わずシャドーボクシングを3回、ミット打ちを7回と軽めの調整で汗を流した。4月のコラレスとの対戦ではまさかの2回KO負け。「ブロックを中心に打ち返す練習をしてきた」と対策も万全だ。

 渡辺...    
<記事全文を読む>