障害者スポーツについて考える公開討論会が18日、滋賀県近江八幡市鷹飼町の県立男女共同参画センターであった。「パラスポーツの未来を考える」と題し、リオデジャネイロ・パラリンピック競泳男子で四つのメダルを獲得した木村敬一選手(26)=栗東市出身=らが競技の魅力や課題を話し合った。

...    
<記事全文を読む>