ラグビーのトップリーグ(TL)第12節最終日は18日、ノエビアスタジアム神戸などで5試合を行い、ヤマハ発動機は神戸製鋼を33―15で下して開幕12連勝を飾った。勝ち点を57に伸ばし、首位を守った。ヤマハ発は前半、伊東力のトライで先制。ゲラード・ファンデンヒーファーがPGを立て続けに決めてリードを広げた。後半は日野剛志、マレ・サウがトライを決め、相手の反撃をしのいだ。

 パナソニックはリコーを45-17で下して10勝2敗。NTTコミュニケーションズはサニックスに33-7で勝ち、7勝5敗。東芝は近鉄に59-12と圧勝し5勝目(7敗)を挙げ、キヤノンもNECを45-21で退けて5勝7敗。

 ヤマ...    
<記事全文を読む>