アイスホッケーの全日本選手権最終日は18日、長野市ビッグハットで行われ、決勝は王子がアイスバックスを3―2で下して4大会ぶり36度目の優勝を果たした。

 3位決定戦は東北フリーブレイズ(郡山市、青森県八戸市)が前回大会覇者の日本製紙に4―1で勝った。

...    
<記事全文を読む>