2020年東京五輪・パラリンピックに向け、参加国の選手や関係者と地域住民の交流を促す「ホストタウン」。本県では県と宮崎市など6市がドイツ、イタリア、イギリス、モンゴルの4カ国を受け入れることが国から認められた。文化や歴史など幅広い分野での波及効果も期待でき、地域活性化や観光振興の弾みにしようと、多様なプランの準備が進む。

...    
<記事全文を読む>