フィギュアスケートの田中刑事(22)=倉敷芸科大4年=が11月のNHK杯で3位に入り、初めてグランプリ(GP)シリーズの表彰台に立った。22日から大阪・東和薬品ラクタブドームである全日本選手権を前に、NHK杯の活躍や全日本に向けた意気込みなどを聞いた。

 ―シニアに参戦して3季目。NHK杯はショートプログラム(SP)80・49点、フリー167・95点といずれも自己ベストを更新、合計248・44点で3位に飛躍した。

 「観客席からの声援、手拍子を力に変えられた。同級生の羽生結弦(ANA)や日野龍樹(中京大)もいたので、頑張ろうという雰囲気があり、緊張もなく試合を楽しめた。GPシリーズのロシア...    
<記事全文を読む>