九州場所で勝ち越し、来年1月の初場所での入幕をほぼ手中にした千代皇(中部農高出)が凱旋(がいせん)した。十両同士の取組では豊響を寄り切りで下し、詰めかけた観客から大きな拍手が送られた。「こんなに大勢の人に応援してもらえるのはめったにない。

...    
<記事全文を読む>