沖縄県で23~27日に開かれるハンドボール女子のJOCジュニアオリンピックカップに東根、尾花沢両市の中学生でつくる県選抜チームが出場する。県勢として21年ぶりに東北予選を制して出場権を獲得。選手たちは合同練習を重ねながら全国舞台での勝利を目指し、チーム力向上に励んでいる。

 メンバーは東根一中生9人、尾花沢中生2人の計11人。走れる選手がそろい、県選抜の菅野学監督(38)=東根一中教諭=は「守りからのスピードある攻撃が持ち味のチーム」と話す。

 8月にチームを編成。東根市中央運動公園体育館などで9月10、11の両日繰り広げられた東北ブロック予選では、堅守速攻で試合の主導権を握り、4戦全勝で...    
<記事全文を読む>