軽井沢国際選手権は17日、軽井沢アイスパークで行われ、女子はソチ冬季五輪5位の道銀が、決勝トーナメント1回戦で昨季世界選手権3位のロシアチームに1―5で敗れ連覇を逃した。道銀は1次リーグ最終戦では、中国チームを延長戦の末に6―5で下し、3勝1敗でC組1位で突破した。既に1次リーグ敗退が決まっていた昨季世界選手権銀メダルのLS北見はスコットランドチームに2―9で敗れ、1勝3敗でA組4位に終わった。

 男子は来年の世界選手権(4月・カナダ)代表のSC軽井沢クが1次リーグ4戦全勝でE組1位となり、日本勢として男女を通じて唯一、18日の準決勝に進出した。

 同じくE組の札幌フォープレイは、スコット...    
<記事全文を読む>