ノルディックスキー、ジャンプの名寄ピヤシリ大会は17日、北海道の名寄市ピヤシリシャンツェ(ヒルサイズ=HS100メートル)で行われ、男子は小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高-東海大)が96メートル、96・5メートルの255・5点で初優勝した。東海大2年の中村直幹が2位、佐藤幸椰(雪印メグミルク)が3位に入った。

 女子はワールドカップ(W杯)の遠征から一時帰国した高梨沙羅(クラレ)が1回目に94メートル、2回目に最長不倒の96メートルを飛び、合計244・0点で圧勝。W杯転戦組の伊藤有希(土屋ホーム)が92メートル、90メートルの230・5点で2位、岩渕香里(北野建設)が3位に続いた。...    
<記事全文を読む>