バドミントンの学年別個人ダブルスで争う第42回県少年選手権(宮崎日日新聞社、県バドミントン協会主催)は17日、宮崎市総合体育館で開幕した。第1日は中学生の男女6部門を行い、女子2年以下は金丸萌恵・田口彩未(富島)が、1年生だった前回に続いて同部門を制し、2連覇を果たした。同1年は北島さら・藤田真央(妻)が2年ぶり4度目の栄冠。同3年以下は一ノ瀨遥・宮崎愛弓(清武・大宮)が1位だった。

...    
<記事全文を読む>