今夏のリオデジャネイロ五輪でボクシング日本代表のヘッドコーチを務めた、日本ボクシング連盟の樋山茂ジュニア強化委員長(62)が17日、松江市内で開かれた小中学生、高校生の練習会で指導し、同市や出雲市、米子市のジム所属の約50人が「世界基準の練習」で汗を流した。

...    
<記事全文を読む>