自動車ロードレースの那須ブラーゼンは17日、那須町のホテルエピナール那須でシーズンエンドパーティーを開き、スポンサーやファン約130人を前に今季の戦績を報告した。

 清水良行(しみずよしゆき)監督や岩井航太(いわいこうた)主将ら8選手が出席。チームは今季、Jプロツアー(JPT)団体総合3位、個人1勝を目標に始動。第6戦・群馬CSCロードで吉岡直哉(よしおかなおや)、第14戦・藩庁門タイムトライアルで高木三千成(たかぎみちなり)がそれぞれ2位と健闘した。個人総合は吉岡の21位が最高位で、団体総合7位だった。

 若杉厚仁(わかすぎあつひと)社長は「今シーズンは5人が入れ替わり、新生那須ブラーゼ...    
<記事全文を読む>