【名寄】17日に行われたノルディックスキージャンプの国内開幕戦、名寄ピヤシリジャンプ大会(名寄ピヤシリシャンツェ)は、優勝した高梨沙羅選手(クラレ)や2位の伊藤有希選手(土屋ホーム)らワールドカップ(W杯)代表選手の活躍に約300人の観客が沸いた。

 女子は、W杯通算47勝の高梨選手が2回目で最長不倒の96メートルを飛ぶと「すごい」「別格」と声が挙がった。名寄市立大の女子学生は「競技はよく知らないが、次元が違うと感じた」と話した。また、名寄出身で下川商業高2年の瀬川芙美佳選手が5位と大健闘した。

 男子は、同校から今季社会人入りした佐藤慧一選手(雪印メグミルク)が10位入賞、伊藤将充選手(...    
<記事全文を読む>