トップリーグ第12節第1日は17日、愛知県豊田市の豊田スタジアムなどで3試合が行われ、サントリーがトヨタ自動車を37-24で下して開幕からの連勝を12に伸ばした。前半に3トライを奪って22-10とリードすると、後半も危なげなく逃げ切った。トヨタ自動車は7勝5敗となった。

 クボタは36-17でコカ・コーラに快勝し、5勝目。豊田自動織機は49-24でホンダに勝ち、2連勝で3勝目。

 強さを見せつけ、大一番へ弾みをつけた。サントリーはトヨタ自動車を難なく退け、12連勝。優勝を争うヤマハ発動機との次節(24日)は、全勝をキープしたまま臨むことになった。

 多彩な攻撃で試合を支配した。8-10の前半...    
<記事全文を読む>