自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンは16日、県庁記者クラブで新体制発表会見を開き、新加入選手を加えた来季の陣容が明らかとなった。清水裕輔(しみずゆうすけ)監督は「戦力バランスの良さは今年以上」とし、全日本選手権優勝とJプロツアー(JPT)の個人・団体総合優勝を目標に掲げた。

 チーム創設から9季目となる来季は今季と同じ選手9人体制。新戦力は岡篤志(おかあつし)(21)=弱虫ペダル=、馬渡伸弥(まわたりしんや)(22)=鹿屋体育大=の2人。鈴木真理(すずきしんり)、増田成幸(ますだなりゆき)、鈴木穣(すずきゆずる)、阿部嵩之(あべたかゆき)、飯野智行(いいのともゆき)、雨沢毅明(あめざ...    
<記事全文を読む>