10月20日に53歳で死去した神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネジャー(GM)平尾誠二さんの遺品が、神戸市兵庫区のノエビアスタジアム神戸内に展示されている。遺族の協力を得て現役時代のユニホームなどを初めて公開。2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の会場招致に尽力した「ミスターラグビー」の功績をたたえている。2月下旬ごろまで。(山本哲志) 同スタジアムは19年W杯日本大会の試合会場に決まっており、運営会社「神戸ウイングスタジアム」がラグビー・トップリーグ開催に合わせて展示を企画。スタジアム内に追悼コーナーを設けた。

 遺族から借り受けたジャージーは赤色の半袖で、背番号は10。平尾さ...    
<記事全文を読む>