読谷村平和の森球場で始まっているソフトボール女子日本代表の合宿で、那覇市出身の洲鎌夏子(27)=知念高―環太平洋大―豊田自動織機、右投右打=が精力的なプレーを見せている。今年は世界選手権(7月)やジャパンカップ(9月)など国際舞台を経験し大きく飛躍した。一方で、世界のトップへ走攻守全てのレベルアップの必要性も感じた。「2020年の東京五輪で金メダルを取る」。世界を体感し、目標も一層明確になった。東京を見据える表情にやる気があふれる。

 16日、守備を重点的に練習する中、三塁に入る洲鎌の声が響く。無死一、二塁や一死三塁などを想定したシート打撃で、連係プレーが大事な場面だ。「今回の代表メンバ...    
<記事全文を読む>