日本女子ソフトボールリーグの今季の表彰選手が決まり、1部の新人賞に創志学園高出でトヨタ自動車の左腕、田内愛絵里(19)が選ばれた。

 田内は広島・翠町中時代に全国中学校大会で優勝。創志学園高では昨春の全国高校選抜で準優勝し、秋の和歌山国体は少年女子岡山県選抜を初優勝に導いた。社会人1年目の今季は8試合に登板し3勝(1敗)を挙げ、防御率3・44。トヨタ自動車の2年ぶり9度目の優勝に貢献した田内は会社を通じ「賞に恥じない2年目のシーズンとするためにも体力、投球技術、精神力の向上を目指したい」とコメントした。

 このほか2部アドバンスでは、平林金属の外野手で環太平洋大出のルーキー福井実咲(23)...    
<記事全文を読む>