バドミントンのスーパーシリーズ上位8選手、8組で争うファイナルは15、16日、アラブ首長国連邦のドバイで1次リーグ第2、3戦が行われた。女子シングルスB組で世界ランキング8位の山口茜(福井・勝山高出身、再春館製薬所)は、リオデジャネイロ五輪金メダルのカロリナ・マリン(スペイン)に2―1で逆転勝ち。しかし世界6位の孫瑜(そんゆ)(中国)には1―2で敗れた。通算1勝2敗となり準決勝進出はならなかった。

 孫瑜は3勝で準決勝に駒を進めた。B組はプサルラ・シンドゥ(インド)がカロリナ・マリンを破り、2勝1敗で準決勝進出。2年ぶり出場の山口は4強入りした前回に届かなかった。

 山口は孫瑜との第3戦第...    
<記事全文を読む>