二〇二〇東京五輪のバレーボール競技会場の見直し問題で、小池百合子都知事が東京・有明を会場とする方針を表明し、横浜アリーナ(横浜市港北区)開催は見送られることになった。県内関係者からは「特に誘致していたわけではない」と冷静な受け止めが広がる一方、「踊らされずに良かった」との冷ややかな反応も出た。

 横浜市の林文子市長は決定に対して特に感想は述べず、「円滑に準備が進められ、競技開催が成功することを願っている」とコメント。横浜アリーナの担当者は「五輪会場になれば、実績がレガシー(遺産)になると期待はあった。だが、誘致していたわけでもなく、がっかりはしていない」と淡々と受け止めた。

 黒岩祐治知事...    
<記事全文を読む>