大相撲冬巡業奄美場所が15日、奄美市名瀬総合体育館であった。8年ぶりの開催に多くの相撲ファンが詰めかけ、里山(奄美市笠利)や十両に初めて昇進する大奄美(龍郷町)ら郷土出身の力士に大きな声援を送った。

 奄美出身では、千代皇(与論町)、明生(瀬戸内町)、若乃島(龍郷町)も土俵に上がり元気な姿を見せた。

 幕内トーナメントは、横綱白鵬が貫禄の優勝。土俵を去る際、本場所と違う柔和な表情で、列をつくった観客とタッチを交わした。

...    
<記事全文を読む>