27日に大阪・花園ラグビー場で開幕する第96回全国高校ラグビー大会のレフェリーに名護市の外間元人さん(37)=首里高-鹿屋体大-同大学院出=が初めて選ばれた。高校時代はラガーマンだったが、「聖地」には届かなかった。レフェリーの立場で夢をかなえ、「選手の全力を引き出せるように信頼されるジャッジをしたい」と胸を高鳴らせている。(新垣亮) 外間さんは九州協会公認のB級レフェリーの資格を持つ。名護特別支援学校の寄宿舎指導員として働きながら10年以上実績を積み、九州協会の推薦で全国大会の笛を吹くことが決まった。

 ラグビーを始めたのは首里高2年の9月。陸上の中長距離選手だったが、新人大会に向けて練...    
<記事全文を読む>