黒羽高3年の藤田拓也(ふじたたくや)(18)が来春、藤島部屋(東京都荒川区)に入門することが決まり、同部屋年寄りの二子山親方(元大関雅山)が14日、同校を訪れた。同校から卒業と同時に角界入りするのは4年ぶり3人目。藤田は「稽古を集中してやって、精いっぱい上を目指したい」と意気込んだ。

 藤田は182センチ、120キロ。恵まれた体格を生かした押し相撲を得意とする。団体戦では大将を務め、6月の関東大会で3位入賞に貢献。全国高校総体にも出場した。

 同校の益子邦浩(ましこくにひろ)監督と親交がある二子山親方は13年の引退後、年に数回同校で指導を行ってきた。藤田は1年生のときに目に留まり入門に至っ...    
<記事全文を読む>